REPURPOSE PROJECT REPURPOSE PROJECT

in collaboration with RYOHEI KAWANISHI

ABOUT REPURPOSE PROJECT

アパレル業界でもサステナビリティへの取り組みが一般化する中、
OR NOTが考えるサステナブルのひとつの形として、
新たなプロジェクト「REPURPOSE PROJECT」を始動いたします。

このプロジェクトでは、廃棄されてしまうようなものをアップサイクルして、
新たな意味を創造することを目的とし、デザイナーとOR NOTのコラボレーションによる
オリジナルアイテムを制作・販売いたします。

コラボレーションの第三弾としてデザイナー川西遼平氏を迎え、
古着にオリジナルの刺繍を施したコンセプチュアルなウェアを展開いたします。

デザイナーへのインタビューやスタイリングとともに、
OR NOTでしか手に入らない貴重なアイテムを是非ご覧ください。

RYOHEI KAWANISHI

株式会社LES SIX代表。
元LANDLORD Creative Director(2015-2020)。
Parsons School of Design元教授。
1987年鳥取県生まれ。2006年、渡英。
2011年にロンドン、セントラル・セントマーチンズにて学士号を取得。
2013年より拠点をニューヨークに移す。
《ユニクロ》の「Tomodachi-Uniqlo」フェローシップによって
パーソンズMFA Fashion Design & Societyに入学し、2015年修士号を取得。
又同校にて教鞭をとる。同年《ランド゙ロード》を設立し、
クリエイティブ・ディレクターに就任。
2017年よりニューヨーク コレクションに公式スケジュールで゙参加、年2回の発表を行う。
同年日本での制作活動の基盤として、《LES SIX》を設立。
2017年MoMA「Is Fashion Modern?」展に作品提供。
MOMA(ニューヨーク近代美術館)でファッションの展覧会としては、
1944年の“Are Clothes Modern?” 以来、74年ぶりの開催となった。
日本人としては、コムデギャルソンの川久保玲、ヨウジヤマモト、イッセイミヤケ、
滝沢直己、Noritaka Tatehana、ソマルタの廣川玉枝ら6人のデザイナーと共に、
最年少での作品提供となった。
また、同年ニューヨーク市内のMuseum of Art and Designで゙行われた
“fashion after Fashion”展、2015年にExhibition of the yearを獲得した、
ストックホルムの “Utopian Bodies”展、ファッションのみならず
芸術分野への活動も多岐に行なっている。
2020年LANDLORDのクリエイティブ・ディレクターを退任。活動拠点を日本に移す。


EDITORIAL

REPURPOSE_RYOHEI KAWANISHI

廃棄されてしまうような"不要品"に新たな意味や目的を創造する、リパーパス・プロジェクト。

STYLING