ARCHIVE STYLING Vol.16
スタイリスト高橋ラムダ氏による アーカイブファッションの新解釈

スタイリスト高橋ラムダ氏によるアーカイブスタイリング
Vest : Maison Margiela (Early 2000's)
Tops : Maison Margiela (Early 2000's)
Shirts : LOEWE (2017S/S)
Shorts : NUMBER (N)INE (2009A/W)
Pants : Maison Margiela (2017S/S)

Martin Margielaのアーカイブをベースにしたブルートーンのコーディネイト。2000年初期のデニム地の切り替えトップスやライダーズベストに、2017S/Sのアイスブルーのデニムを組み合わせた。インナーにはJ.W.アンダーソンが手がける2017S/SのLOEWEのロングシャツを差し込み、さらにボトムには2009A/WのNUMBER (N)INEのファーショーツを合わせることで、ワントーンでも単調にならない遊び心のあるスタイリングに仕上がった。足元にはあえてホワイトのスニーカーを選ぶことにより、よりブルートーンの美しさを引き立てている。

高橋 ラムダ/LAMBDA TAKAHASHI

2005年より白山春久氏に師事し、08年に独立。スタイリストとしてのキャリアをスタート。白山事務所所属。
オリジナリティあふれるスタイリングは国内外問わず支持を集め、雑誌やカタログ、パリコレクションなど、その仕事は多岐に渡る。2017A/Wより自身のブランド〈R.M GANG〉もローンチ。

Direction&Styling_ LAMBDA TAKAHASHI
Photography_ SHUNYA ARAI