ARCHIVE STYLING Vol.10
スタイリスト髙田勇人氏によるアーカイブの新解釈

スタイリスト髙田勇人氏によるアーカイブスタイリング

Coat:RAF SIMONS(2005A/W)
Inner:RAF SIMONS(Late 1990's)
Pants:NUMBER (N)INE(2005A/W)

数々の名作を生み出してきたRAF SIOMNSだが、この2005A/Wシーズン、いわゆる“ポルターガイスト期”のモッズコートもその一つ。ラフ・シモンズが得意とするパッチワークが完璧な配置で施されている。インナーには同じくRAF SIOMNSのワッフルカットソー、パンツにはNUMBER (N)INEの迷彩切り替えパンツを合わせ、ミリタリーテイストでまとめた。足元はジョーダンシリーズなど、ハイボリュームのスニーカーを合わせたい。

髙田 勇人/HAYATO TAKADA

1985年生まれ。スタイリスト祐真朋樹氏に師事し、2016年独立。
国内外のファッション誌やカタログ、アーティストのスタイリングを中心に活動している。

Photography_ YUTO KUDO
Styling_ HAYATO TAKADA